本文へスキップ

株式会社アイエフパートナーズは、確かな知識と経験を有する財務コンサルティング会社です。

TEL 03-5689-3347

〒112-0004  東京都文京区後楽2-2-17 NBD三義ビル2階

コラムCOLUMN

Vol.8 『藤田雅彦のちょっと気になる物事』(2012年5月号)



Vol.8 内容
● 気になる国として、―――今年オリンピックが開催される「イギリス」

● 気になる事業として、―――もうすぐ公開となる「東京スカイツリー」

● 気になる言葉として、―――「確定拠出年金」


5月中旬ともなると、「新緑」がまぶしくなってきます。

今年は、3月、4月と雨に降られる日が多く、
5月は、晴れる日が多いと良いなぁと思います。



さて、今回の「藤田雅彦のちょっと気になる物事」では、


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


● 気になる国として、―――今年オリンピックが開催される「イギリス」を、


● 気になる事業として、―――もうすぐ公開となる「東京スカイツリー」を、


● 気になる言葉として、―――「確定拠出年金」を


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


とりあげてみました。


内容に入る前に・・・


セミナーのご案内をさせていただきます。


「50代、60代からの資産形成、相続セミナー」

5月29日(火)午後7時〜8時30分
秋葉原駅から徒歩1分もかからない会場です。


私の元同僚(リーマン・ブラザーズ証券時代)の
森實武志氏をゲスト講師にお迎えしてのセミナーです。


詳しくは、こちらをクリックしてください。
↓↓↓
http://kokucheese.com/event/index/37754/


私が著者の一人として参画した「誰か教えて! 一生にかかるお金の話」
の第7章「資産運用編」とでも言った内容ですが、

参加者は、男女問わず40代以上の方限定でございます。

是非、お誘いあわせの上、ご参加ください。


========
気になる国 >>>
========


イギリスといえば、何?

今なら、「ロンドンオリンピック」でしょうか?


少し前なら、「鉄の女」こと、マーガレットサッチャー。
映画になりました。


メリル ストリープさんが素敵ですよね。
マディソン郡の橋、プラダを着た悪魔など多数出演されていまして、
なにしろ、演技がすばらしいです。


その他、ビッグベン、大英博物館、マンチェスターユナイテッド、
クリケット、セントアンドリュース、などなど

あっ、ビートルズを忘れてました。


1995年から1年間、ロンドンで勤務をしていまして、話題に出る
ことが多くなって、懐かしさを感じます。



で、ロンドンオリンピックはいつから?

7月27日開会式

8月12日閉会式、17日間に渡り、日の丸を背負っての戦いが
楽しめます。

オリンピックの時の時差(サマータイム)は、8時間です。
日本の時間から8を引いてください。

日本が夕方、例えば17時のときに、イギリスでは、朝の9時です。
日本のほうが、時間が早いです。


なので、オリンピックは夜から深夜にかけてでございます。
睡眠不足に気をつけましょう。


話は戻りまして、イギリスですが、

イギリスの人口は、約6,200万人強(世界22位)
―――日本が1億2,700万人ですので、約半分です。
   以前にご紹介したフランスとほぼ同じ人口。

イギリスのGDPは、約2兆2,500億ドル(世界6位)
(1ドル=80円換算で、約180兆円)
―――日本は、約2.4倍の5兆4,500億ドル(約436兆円)です。


特に、目立った産業もなく、GDPに占める貿易の比率は、
「ヨーロッパ諸国内で比較するとイタリアと並んでもっとも低い。
すなわち、輸出16.1%、輸入21.3%である。」(Wikipedia)


ギリシャ危機でユーロ圏が大騒ぎしているのに、話題に上らないのは、
EU(ヨーロッパ連合)に加入しているのに、通貨はポンドなのです。


なんだか、さすが「大英帝国」と思わせます。





=========
気になる事業 >>>
=========


昨日、レディーガガさんが訪問したという「東京スカイツリー」


いよいよ、開業を5月22日(火)に控えております。


東京スカイツリーの高さは、日本中の子供たちも知っている
634メートル『武蔵(むさし)の国』です。


自立した電波等としては、世界一の高さ。

残念ながら、世界一高い建物は、ドバイ(アラブ首長国連邦)の
「ブルジュ・ハリファ」の828メートルだそうです。
とんでもない高さですね。


では、開業が楽しみな東京スカイツリーですが、いくらぐらい
お金がかかったのでしょうか?


総事業費は、約650億円だそうです。ちなみに、建設費は400億円。


これは、どの程度の規模になるでしょうか?
先ほどの、ドバイの高層ビルは、1,400億円。


サービスエリアが話題の最近開通した新東名高速道路は、
4兆3,800億円。さすがに、道路はお金がかかるのですね。


今年、お亡くなりになった森ビルの森稔さんが遺された
「六本木ヒルズ」は、2,700億円だそうです。


やはり、スカイツリーは、電波塔なので、ビルよりも
安く造れるようです。


私を含め、日本中の方々が、「死ぬまでに一度は昇ってみたい」
と思わせるほどのすばらしい建築物でございます。



=========
気になる言葉 >>>
=========


AIJ投資顧問の不正が明るみに出たり、公的年金の問題が
広くニュースになっておりまして、日本の「年金」問題が
注目されております。


そこで、2001年に制度が導入された「確定拠出年金」が
再び、脚光を浴びております。


確定拠出年金(かくていきょしゅつ)とは、なんぞや?


公的年金の支給額が、心もとない中で、企業が掛け金を拠出し、
個人が、自分の年金を自分で運用し、その結果を自分の年金
として、受け取れる「企業年金」制度です。

*なので、AIJ投資顧問のような問題が起きないのです。(説明略)


(「選択制確定拠出年金制度」といって、自分の給料の一部を
確定拠出年金として積み立てることのできる制度もあります。)


年金制度は、3階建てと言われていまして、1階部分が「国民年金」
(国民全員が加入)2階部分が「厚生年金」(会社員が加入)と
「共済年金」(公務員が加入)という構成になっています。

その上に、上乗せの形で「企業年金」があります。その一つの形態が
「確定拠出年金」なのです。


問題は、「自分の年金を自分で運用する」といった場合、
何に運用したらよいのか?


確定拠出年金制度では、元本確保型、世界の株式に投資するもの
また、株式や債券に分散投資するものなど、様々なプランを
用意しています。


そこで、重要なのが「投資教育」です。


この度、私藤田は、「チーム★確定拠出年金研究会」を立ち上げました。

ホームページは、こちらです。
↓↓↓
http://ifp401k.com/



中小企業でも確定拠出年金を導入できる「選択制確定拠出年金」を
日本中に広め、投資教育を通じて、多くの方に、安心できる老後の生活を
送っていただくことを使命としています。


ご興味のある方は、ご連絡お待ちしております。



気になる物事は、8回目となりました。
ご意見・ご感想などお寄せいただけるとうれしいです。


「誰か教えて! 一生にかかるお金の話」好評発売中です。

アマゾンは、こちらです。よろしくお願いします。
↓↓↓
http://amzn.to/zgo1fJ




なお、本メールに心当たりがない方や、配信を望まれない方は、
「配信不要」と返信いただければと存じます。


資産運用、資金調達のご相談は、株式会社アイエフパートナーズ(IFP)




メールマガジン


メルマガのご購読お申込みはこちら

メルマガ購読

バナースペース

株式会社アイエフパートナーズ

〒112-0004
東京都文京区後楽2-2-17 
NBD三義ビル2階
TEL 03-5689-3347
FAX 03-5689-3346


『誰か教えて!一生にかかるお金の話』
絶賛発売中!!

columnvol.8.htmlへのリンク